コラム

ご自分で雑草を引き抜くのも大変です

2015.12.22

少しでも、お住まいの住宅を快適にしようと、色々お手入れをされていると思います。床の掃除機や窓の雑巾がけはもちろん、お庭の雑草対策もお手入れの一つになります。よく、空き地でたくさんの雑草が生えているところがありますが、お庭の雑草も放っておくと、あっという間にたくさん生えてしまいます。しかも、長く伸びてしまうと、その上が歩きくくなりますし、気温が高いと、色んな虫が棲み着いてしまう恐れも考えられます。そういったことがないよう、しっかりとお庭の雑草対策をしておくことが大切です。
ただ、ご自分でお庭の雑草対策をするというのもなかなか大変です。まず、お庭の雑草対策のオーソドックスな方法としては、「直接手で引っこ抜く方法」と「鎌で刈る方法」の2パターンがあります。「直接手で引っこ抜く方法」は、一番簡単そうに思えます。要は根元部分まで引っこ抜けば良いですから。でも、中には固くてなかなか根元ごと引っこ抜くことが出来ない雑草もあります。固い雑草だと、雑草の先端だけ千切れて、根元部分だけが残る場合があります。そうなると、直接手で引っこ抜くことが難しくなりますし、鎌を使う必要が出てきてしまいます。
「鎌で刈る方法」も、気をつけなければなりません。上記のように、根元部分だけ残った雑草は鎌で刈ることが出来ますが、注意しないと、鎌の刃で使っている人が怪我をすることがあります。それに、すぐ近くに人がいると、その人に鎌の刃が当たってしまう恐れも考えられます。
上記のようなことがあるので、お庭の雑草対策は意外に大変な場合があるのです。他にも、除草剤の散布といった雑草対策があるので、こちらの方法もご検討されてはいかがでしょうか?