コラム

ブルーベリーの剪定は元気な枝を残すことを心がけましょう

2015.12.22

美味しいブルーベリーが食べられるようになるには、まず定期的にブルーベリーを剪定して、木を生長させておくことが大切です。でも、中には「ブルーベリーの剪定は難しそう」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに、ブルーベリーの剪定は、気をつけることが色々ありますが、やり方さえ間違わなければ、しっかりとブルーベリーを剪定することが可能です。基本的に、ブルーベリーの剪定で大切なことは、「元気な枝だけを残す」ことになります。ですから、今後、ご自分でブルーベリーを剪定する方は、まず、このことを覚えておいておくことをオススメいたします。
中には、花芽を見かけて、切るのがもったいないという方もいらっしゃると思いますが、ブルーベリーは、新芽の時でしか花芽を付けないという特徴があります。「この枝は切り落としてはならない」ということは特にないので、思い切って切り落としましょう。また、生長した段階で花芽の数が約200個になることを目安にして切り落とせば良いと思います。ただ、ブルーベリーを剪定する時、20㎝以上の枝に花芽を残すようにしてください。木の樹勢によって花芽の数は違いますが、おおよそ4個までが良いでしょう。
また、太枝を切り落としたことで、木のバランスが悪くなってしまうこともありません。ですから、ブルーベリーを剪定する時、横に伸び過ぎた枝や、高くなり過ぎた枝などがありましたら、切り落としてください。心配しなくても、翌年の春を迎えれば、切ったところに新芽が伸びるようになります。他にも、内側に交差している枝があると、実が付きにくいですし、仮に付いたとしても内向きでは取りづらいです。それに、他の枝の葉にとって、その枝が陰になってしまうこともあるので、この枝も思い切って切り落とすようにしましょう。どんな木も、太陽の光がしっかり当たることが大切です。