コラム

剪定と伐採の違いとは?

2015.12.22

お庭にある庭木をお手入れするというのはとても大切なことです。何故なら、庭木は成長しすぎることで、葉が茂すぎてしますことがありますし、伸び過ぎた枝が敷地外を飛び出してしまったということもあるからです。それに、人通りが少なかったり、周りに住宅が無い状況ならまだしも、最悪、住民から苦情を言われる恐れもあります。
ちなみに、お手入れ方法には、主に庭木の剪定と伐採の2種類があります。両方とも似たような方法と思いがちですが、どちらもその内容は違います。

●庭木の剪定
庭木の余分な枝を切り取る作業です。余分な枝を残したままにすると、美観を損なうだけでなく、太陽の日差しを充分に採り入れることが出来なくなります。また、枝と枝同士が混み合うことで、風通しも悪くなるので、庭木の生長に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。そんなことがないよう、庭木の剪定をしておく必要があります。

●庭木の伐採
庭木を丸ごと取り除く作業です。庭に落葉樹が植わっているところもあります。落葉樹は、葉っぱをたくさん落とすので、お庭を掃除する時、たくさんの葉っぱを片付けなければならないので、結構な手間が掛かってしまいます。それを防ぐ為に、思い切って、庭木を撤去するケースがあります。

専門業者にお庭のお手入れを依頼する場合、庭木の剪定を「伐採」と間違えて依頼したり、伐採を「剪定」と依頼したりすることのないよう、両者の作業内容をしっかりと覚えておくことをオススメいたします。ちなみに、庭木の剪定も伐採も、方法さえ間違わなければ大丈夫ですが、一歩間違えると、失敗してしまうことがありますし、下手をすると、作業している人が怪我をする恐れがあるので、充分に注意しましょう。